週イチ日記

2009.01.05

大切なこと

 今日は少し寒さが緩んだものの、年末年始の冷え込みは相当だったように思います。まさに冬、これからもう少し寒くなるのでしょう。少しは雪の降る日もあったほうが四季を感じられていいのではないか。そんな気分でお正月を過ごしていました。
 年末年始は久々のまとまった休みでした。普段連休をとらない私には、家族と過ごす大切な時間です。私と妻それぞれの実家へも帰り、はしゃぐ孫の姿に目を細める両親を見て幸せを感じていました。妻の父親が、孫のために買ったDVDの映画を孫に見せてくれました。5人の子供がチョコレート工場に招待されるという、あの映画です。「ただただ食いしん坊」「向こう見ずな自信家」「親のお金でなんでもかなえてしまう子」「科学一辺倒の頭でっかち」「家族を愛する純粋無垢な子」。チョコレート工場の見学をするうちに、それぞれの行き過ぎた長所が原因で、一人ずつ脱落し、最後に残ったのは、想像通りのあの子でした。
 なにごとも、行き過ぎは自ら自身の身を滅ぼします。世の中には全くの作り話がたくさんあります。この映画だって非現実です。しかし、その中にこそ真実があるように感じました。わが子には、映画のテーマなんて分かりっこありませんが、またいつかわかってくれればいいとわが子を見つめました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ブログ内検索

カレンダー

«1月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

大阪中央合同事務所

〒541-0045
大阪市中央区道修町2-5-9
イトヨシビル4F
TEL:06-6205-5858
FAX:06-6205-5859

ページの先頭へ