週イチ日記

2010.05.03

無題

 別に悩むほどのことではないけれど、毎回なんとなく逡巡してしまう行為というものがあります。例えば、新幹線のリクライニングシートを倒す瞬間もそのひとつだと思います。一応、後部座席の方に一言声を掛けるようにしているのですが、万が一断られたらどうしようとか、こんなに倒したら厚かましいのではないかとか考え出して、毎度若干のストレスを感じている森川です。
 そもそも、なぜあんなに背もたれの角度が急なのでしょうか。85度くらいはあるんじゃないかと思います。大多数の方が座席に着くや否や、背もたれを約25度から30度倒すにも関わらず、降車時のマナーとして初期位置85度にわざわざ戻しますよね。後部座席の方だって自分のテーブルが急に手前に迫ってきたり、あるいは遥か遠くに離れていったりしてびっくりしませんか?個人的には120度辺りで固定してもらえると余計なことを考えずに済むのですがそのかわり長時間乗られる方用に、最初から150度くらいまでシートが倒れている状態の「リクライニング優先車両」みたいな車両があってもいいんじゃないかと思います。
 先日高校時代の友人の集まりがあり、新大阪から名古屋までのぞみに乗りました。例によって後部座席の方に「すいません、倒しますね」と声を掛けて少し倒したのですが、しばらくしてもう少し倒したくなりました。しかし「すいません、もう少し倒していいですか?」とは言い出せず、一人もじもじしていたら名古屋に着いてしまいました。新大阪名古屋間は約50分。学生時代、旅費を浮かすために在来線で4時間近くかけて行っていたことがふと思い出されました。その時はリクライニングの心配なんてしなかったよな、などと思いながらシートを85度に戻して降車しました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ブログ内検索

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

大阪中央合同事務所

〒541-0045
大阪市中央区道修町2-5-9
イトヨシビル4F
TEL:06-6205-5858
FAX:06-6205-5859

ページの先頭へ