週イチ日記

2012.07.30

花火の見方

 花火の季節です。各地で毎週のように花火大会が開催されていますね。

今年こそ何処か見に行こうかと思いつつも、暑いしなぁ混むしなぁ~などと考えると、
どうも気後れしてしまいます。
幼い頃、毎年夏休みになると富田林市の祖父母の家に遊びに行くのを楽しみにしていました。
PLの花火を家から観覧できるからです。
建物が震えるほどの轟音と、真昼の日差しのように明るい巨大な花火を眺めていると、
何か歴史的に重大な一瞬に立ち会っているみたいでワクワクしたものでした。
あの大迫力の花火を、かき氷片手にVIP席(ベランダですけど…)で悠々と観覧できたのは、
今にして思えば結構な贅沢だったかもしれません。
なので、幼少の頃より花火ブルジョワジーとして育成されてしまった僕としては、
暑い中何時間も前から場所取りをして、
人混みに揉まれながら帰宅するような花火観覧には到底馴染めないわけです。
ところで、先日、淀川花火大会の運営に関わる方とお会いしました。
色々聞いたのですが、とにかく毎年予算のやりくりが大変厳しいことを強調されていました。
花火打ち上げのみなら、数千万円くらいで出来るみたいですが、
運営スタッフの人件費等に本来2億円くらい必要なんだそうです。
予算は基本的には地域の方の寄付金だけなので、昨今の経済情勢では集まりも芳しくなく、
足らず分はボランティアスタッフに頼らざるを得ないわけです。
僕なんかは(そんなに大変ならやめちゃえばいいのに…)と思うのですが、
氏の熱意と言うか、その場の成り行きで、
結局花火当日のボランティアとして参加することになってしまいました。
花火ブルジョワジーの僕が、あろうことか、当日現場で誘導係になって、
人とか汗とかゴミとかにまみれることになるとは。
どうやら僕は、花火プロレタリアに凋落してしまったようです…
そうは言っても、実は当日を結構楽しみにしています。
他のスタッフの方との交流や、終わった後のキンキンに冷えたビールを思うと今からワクワクします。
花火には、そんなになんですけどね。
まあ一生に一度くらい、こんな花火観覧も有意義なんじゃないかなと思っています。
それでは、最後になりましたが、皆さんのご来場を心よりお待ち申し上げております~

2012.07.23

やっぱり女性が好き?!

  暑い日が続きます。みなさん体調など崩されてないでしょうか。
 今日は何度かコラムにも書かせていただいた自宅の近所のマッサージ屋のお話です。
 何年も月に1度か2度くらいのペースで通っているこのマッサージ店で最近気付いたことがあります。
 この店にはカルテのようなものが顧客ごとにあるのですが、私のカルテにはマッサージ師は女性に限ると書かれているようなのです。そういえば、昔、電話で予約をした際に「女性でお願いします」と伝えた憶えがあります。決して女好きだとか、スケベだとかいうことではなくて、これにはちゃんと理由があるのです。
当時からこの店では男性スタッフは店長と思われる男性一人だけだったのですが、この男性の施術が下手で下手で・・・・幼稚園児に肩たたきをしてもらったほうが気持ちいいくらいです。なので、その男性だけはあたりたくないと思うのは自然の流れ。しかし予約の際電話に出るのはこの男性。気の弱い私は「あなた以外の人でお願いします」とは言えずに咄嗟に女性でお願いしますと伝えただけなのです。それ以来何も言わなくても女性スタッフがつくので、不思議には思ってたのですが、記録が残っていたとは驚きました。
 ところが先日、もう疲れが溜まって溜まって限界という状態だったので藁をもつかむ気持ちでマッサージを予約すると「女性スタッフは昼からしか来ませんけど大丈夫ですか?」とのこと。昼からは用事があるので、迷いましたがその男性でお願いすることにしました。何年か経ってるので少しは上達してるだろう・・・そんなにスケベな客じゃないってわかってくれるかな・・・などと思いながら店に向かいました。
 が、しかし。が、しかしです。まったくレヴェルは上がっておりませんでした。幼稚園児に負けるレヴェルです。
 ちゃうちゃうそこは背骨!!背骨は押しても気持ち良くないどころか、痛いねん!それ、さすってるだけで何にも効かへんよ!
 最悪でした・・・しかし店内の適温と心安らぐ音楽と疲れた身体が私の意識を奪ってしまい、目覚めればもう60分が過ぎていました。すかさず身体の感じをチェック。来店時と何も変わっていません。「もう我慢できないから言わせてもらいます。あなたは下手すぎるので、もっと精進しなさい!!」と意を決して私は言ってやりました・・・となれば格好いいんですが、小心な私にはとても言えず、お金を払ってとぼとぼ帰りました。
 次からはスケベだと思われようとも女性限定でお願いしようと堅く誓ったのでした。

2012.07.17

タイミング

 暑い日が続いています。ついに来たようです。夏です。そろそろ「近畿地方は梅雨明けした模様です」といういつものニュースが流れるのも近いでしょう。体調に気をつけていきたいと思います。
 この時期、毎年苦労することがあります。庭の草引きです。空き家のように草ぼうぼうではいけません。せめて人が住んでいるぐらいにはと思うのですが、草引きのためになかなかまとまった時間をつくることも難しい生活リズムです。そこで、時間を見つけては草引きなどをしているのですが、なかなか追いつきません。特に雨上がりなどを渇望してみても、私の空き時間はそんないいタイミングでは訪れません。しかし、先日そんな絶好のタイミングが訪れました。梅雨の合間です。待ってましたとばかりに庭へ出ること数時間。見た目にも決して満足はいきませんが、そこそこのあんばいになりました。普段は頑固な草も、雨上がりだとすっと抜けたり、いくつもの草が実は根っこでつながっていたり、いろいろでした。
 ものごとにはタイミングが大事です。いたずらにタイミングを待ち続けるのは良くないことは言うまでもありません。それにそなえて普段から準備をすすめることこそが大事です。複雑に見える問題も、根っこは同一かも知れませんし、いくら頑固な相手でも懐へ飛び込むことで解決することもあることでしょう。掃除や草引き、時間さえあれば、私は実は嫌いではありません。

2012.07.09

恵の雨

 ジトジト・ジメジメ

雨で・・・鉛色の空が広がっていますが。
「早く梅雨明けして欲しい!!」って思われている方も多いのでは?
先日も、近くの銀行へ(徒歩5分ほど)行く最中、スコールのような
雨・雨・雨
前の見えないほどの大雨に、思わず雨宿り。
せっかく買って頂いた、制服も台無し。
あぁーあ、なんだが気分が滅入ります。
そんな出来事を、ブラジルへ語学留学している友達にメールすると、
「贅沢言ったらあかんで!!
こっちは雨が少ないから、シャワーの水もちょろちょろ。
もちろん、湯船にお湯なんか溜めれない!!
トイレの水もギリギリ流れるほど なんやで!!
日本は、水がたくさん使える国なのは、雨のおがけや。
服が濡れるぐらい、我慢しなさい!!」
と、お叱りメールが。
確かにおっしゃるとおり・・・
普段、水道をひねれば「お水」が出て 欲しい分がすぐ手に入る。
トイレも流せるどころか、ウォシュレットまで。
便利すぎて気づいていない部分も、沢山あると思います。
諸外国に比べ日本は、自然災害が多い国。
でも、裏を返せば、それだけ「自然の恵」を受けている国でもあります。
「雨が降れば、水に困らない」
「雨が降れば、季節の花が綺麗」
「雨が降れば、お肌の乾燥が防げる」
と思えは、「雨の憂鬱」もやわらぐのでは?ないでしょうか。
いつもの「視点」を変えてみれば・・・
梅雨も楽しめるかも、しれませんね。
梅雨明けまで、もう少し。
残り少ない「梅雨」を楽しんで下さいませ。

2012.07.02

7月に入り、まだまだ蒸し暑く、梅雨のぐずついた日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて先日、とある県境の山の中へと、蛍を見に行ってきました。
前日が晴れた明くる日に見られるそうで、ここまでは良い感じです。
ただ、涼しかったり、雨が降ったりすると出てこないようで、この日に限って気温は低く、今にも雨が降り出しそう…。
天候のコンディションは、微妙な感じです。
せめて、蛍が出てくるまで雨は降らないでと祈りながら、民家を抜け、田畑を抜け、山の中へと進むこと数十分。
川が流れ、横には水田の広がる場所に到着しました。
ここは、隠れた蛍の名所らしく、停まっている車もちらほら。
暗くなる8時頃が見頃とのこと。7時半に着き、辺りはまだ薄暗い程度。
出てきてくれるか、見られるのか、ドキドキしながら待つこと30分。。。
街灯もなく真っ暗闇の中、遠くのほうで、うっすらと1つ明かりが点灯しました。
思わず叫んでしまいました。1匹見つけただけで、ちょっと感動です。
そのうち、川岸や水田など辺り一帯で、数十匹の蛍が点滅しあい、飛び交うようになりました。
何十匹もの蛍が、同じ間隔で淡い光りを灯し合い、とても幻想的な光景でした。
年々、蛍の数、見ることのできる場所が減ってきているようで、改めて自然の素晴らしさ、大切さを実感したひとときでした。

ブログ内検索

カレンダー

«7月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

大阪中央合同事務所

〒541-0045
大阪市中央区道修町2-5-9
イトヨシビル4F
TEL:06-6205-5858
FAX:06-6205-5859

ページの先頭へ