週イチ日記

2013.04.29

歯痛

問題を先延ばししてもいい事なんか一つもないんだ、というのが僕が今までの人生で学んだ真実であり、行動原則です。しかし、僕は今、その原則に例外を作るかもしれません…
昔から虫歯の多い僕にとって、虫歯治療というのは、日常行為みたいなものですが、数年前に治療した親不知の虫歯だけは特別でした。その時は抜歯せずに治療することになったのですが、どういうわけか終始麻酔の効きが悪く、激しい痛みを堪えながら、なおかつ歯茎まで削るという数ヶ月に及ぶ壮絶な治療でした。本当に痛かったし、神経を抜いてしまったのも残念ですが、これで一生痛みから解放されるわけだから、まあ良しとするかと納得して今まで生きてきました。
しかしながら、先日その治療したはずの親不知が痛いような気がしました。いや、そんな気がするだけだ、と必死に自分を欺いていたのですが、数日後にはもはや何も食べられない位痛くなってきました。そして、ついには認めざるを得なくなりました。痛くならないはずの親不知が痛い、と。あまりの痛みに職場の近くの歯科に駆け込むと、「治療の際に雑菌が入ったんでしょうね。歯茎が膿んでます。根本的に治療するなら、抜くしかないです。とりあえず抗生物質を出しておくので、来週また来て下さい。」とのこと。
果たして来週僕は歯医者に行くのでしょうか?苦労して守った親不知を、ここで抜かれてしまうかと思うと痛恨の極み。というか、痛そう…だから、今の時点では、何とも言えないのでした。

2013.04.22

100%

 寒い日が続いたかと思うと、急に暖かい日が訪れたりと仕事の上でも過ごしにくい日が続いています。自然現象ですから、細かいところまで決まったとおりに進むわけでもなく、100%なんてあり得るわけもありません。
 しかし100%を望みたいことも世の中にはあります。この春休み、実は息子が手術を受けました。しかも全身麻酔です。手術は成功しました。でも、自分の息子が、こんな小さな歳で、まさか手術を受けることになるとは想像したこともありませんでした。息子は泌尿器系に小さなトラブルを抱えていることが、最近になって分かったのです。時々出る高熱は、そのせいだったようです。手術の半年前からスケジュールを組んで、手術の準備を進めました。わずか5分で済む簡単な手術だと言われても、全身麻酔というのがものすごく引っかかります。麻酔医の話を聞くと、恐ろしいことばかり言います。「全身麻酔の場合は、呼吸が弱くなる...というか止まりますので呼吸器をつけます」「何千分の1という確率でこういうことがおこります」「100%ということは言えません」...。何でしょうか、このやるせなさは...。「でも、万全の体制を整えています」「何か起こったときの対処もできる環境です」「むしろ術後の合併症を防ぐのが我々の主眼です」と続きます。
 私は、ふと思い出しました。次元の違いこそあれ、自分もお客さんに良く似たことを言っています。不動産の売買取引は大きなお金が動きます。買主さんは大金を支払うことに一抹の不安を抱えています。本当にまれに、意図しない第三者の登記が入ることもあり得るからです。「100%大丈夫でしょうか」と聞かれれば私たちは答えます。「100%ということはありません」「しかし、いろいろな工夫をして限りなく100%に近づけるように体制を整えています」と。決済業務は私たちにとっては日々繰り返される「仕事」ですが、お客様にとっては「出来事」だということです。そういう気持ちを改めて思い起こした「出来事」でした。
 世の中に100%はありません。これは真実でしょう。しかし、それに限りなく近づけることが大切です。そうでなければ、職業の意味がありません。この仕事を始めて15年、情けないですが、お客さんの本当の気持ちを初めて心から分かったのかも知れません。

2013.04.15

ハイテク?

先日、仕事で京都へ行ったとき・・・駅のトイレでの出来事。

「化粧直しも、しなきゃ」
っと思い出ると・・・親子3人が「モソモソ」「モソモソ」っと小声で話し込んでいました。
なんでトイレで密談?してるんやろか?
っと思いながら、洗面台を使いたかったので「すみません・・・」と声をかけても無視。

目もあわせないって、そんなに話に夢中なのかなぁ?
と思いながら化粧ポーチを取り出し、鏡に向かうと、こそに映っていたのは
3人で個室に入ろうとしてる様子。

なにしてはるんや?
っと思い「大丈夫ですか?」と声をかけたら・・・知らない国の言葉で返事が・・・
アジア系の方でした。
何やら、伝えようと3人が私に向かって「ジェスチャー」を開始。
1分ぐらいかな?ジェスチャーをしてくれたのですが、
私には伝えたい意図が、分かってあげれませんでした。
その時、娘らしき方が本の一部を見せてくれて・・・判明。
どうやら、水を流すレバーを探していたようでした。
(ちなみに、本は日本旅行のガイドブック。和風トレイの説明ページ)

手をかざし、センサーで流すタイプのトイレ。
確かに・・・見たことがなければ困るよねぇ。
「ここにね、手をかざして」っと日本語&動作付きで説明開始。
「おっー」っと3人が声をあげてました。

その後3人は笑顔で手を振ってくれましたが・・・
国に帰ったら、お土産話になるんでしょうかね。

日常に使用してる「何気ない物」って意外にハイテクなんだなぁ。
なんて思った一時でした。

2013.04.08

今は昔

4月に入り、新入社員と思われる若い人たちを見かけるようになりました。
また、会社の周りでは、就職活動中の学生さんもよく見かけます。
そのとき目にする光景は、スマホを見ながらキョロキョロ。
道に迷っているのかなぁと思いつつ、最近感じるのが、印刷した紙の地図を持っている人が少ない!!
今どきの就職活動は、パソコンだけでなく、スマホも必須?なのでしょうか。
確かに、スマホがあれば、移動中も無駄なく就活中なわけで。
そういえば、企業セミナーへの参加応募は、すべてインターネット上でエントリーするようになっているとか聞いたような。
昔(かれこれ10年ほど前・・・)は、ホームページからの応募はまだまだ少数で、ほとんどのところが、手書きでエントリーシートに記入して郵送していたような。
授業のレポートに関しても、先生によっては「手書きのみ可」だったり、そうかと思えば、「手書き不可」だったり。。。
パソコンどころか、ワープロすらほとんど使ったことのない私には、ワード文書を作成するのも一苦労。なぜかうまく保存ができず、文章を打ち込んでは消えを何度も繰り返し、かなり悪戦苦闘したことを思い出します。
どちらにしても、書面で提出でしたが、今どきは、どうなっているのでしょう?
今や、紙でもなく、データ送信??
なにはともあれ、この10年でこの変化。
つくづく、すごい時代だなぁと思う、今日この頃です。

2013.04.01

変化?

日中は暖かいけど夜になると少し肌寒い季節で、服装の調節が難しいです。おかげでまた風邪をひいてしまい少し体調がよろしくないです・・・。暑すぎるのは困りますが、暖かくなるなら早くなってください!!!と誰に言ったらいいのでしょうか?

さて、今回のコラムは正直なところネタがありません・・・。コラムの当番は先週から把握していてこの一週間で何かネタがあればとアンテナを張ってましたが全くありません。前回はネタ作りみたいなことをして友人と銭湯に行きましたが今回はそんな余裕ありませんでした。ですので、今回は家の近所のことを少し書いてみようと思います。

私は1歳になるかならないかの時から門真に住んでおり29年ほど経ちます。今の家には、小学校5年生の時に引越ししてきて住み始めてから約20年が経過しました。なので、家の周りの景色はすごく見慣れています。これまで、家の南側には、某上場会社の子会社の営業所がかなりの広さで陣取ってましたが、その会社の本社移転に伴い営業所も違う場所に変わったようです。その空いた土地に新たにスーパーとマンションができるようで数週間前から建物の取り壊しが開始してます。取り壊しをしているところを見ていないのでよく分かりませんが、朝にはあった建物が夜になると半分くらいはなくなっています。建てるのにはそれなりの時間を要するのに壊すのは早いなと常々思います。朝はギリギリまで寝ていて早く支度をしないといけないにも関わらず、どれくらいなくなっているのかを家のベランダから確認するのが最近の朝の日課になってます。(おかげで、ほぼ毎日、駅まで全力疾走してます)

家は10階建ての7階部分なので取り壊し状況がよくわかります。今までは屋根部分しか見えませんでしたが建物がなくなるとホンマに広いです。少し前に工事計画書みたいなのを見てスーパーがどの部分にでき、マンションがどの辺りに建つのかを確認しましたが、私の家の前はちょうど11階建てのマンション部分でした。これまで家の前には大きな建物がなかったのでそれなりに落ち着く感じがありましたが2、3年後にはマンションが建っていることを考えると少しショックでした。今までカーテンをせずに外出することもありましたが、今後は気にかけないといけないようです。それと完成するまでの間は工事で埃っぽくなりそうです。夏場、窓を開けていたら大変なことになりそうです。そう考えると早い段階から、少し憂鬱になる浦野でした・・・。おしまい

ブログ内検索

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

大阪中央合同事務所

〒541-0045
大阪市中央区道修町2-5-9
イトヨシビル4F
TEL:06-6205-5858
FAX:06-6205-5859

ページの先頭へ